2010年04月26日

がん高額医療と患者の生活実感で5月にフォーラム(医療介護CBニュース)

 特定非営利活動法人キャンサーネットジャパンなど4団体は共催で、がん高額医療とがん患者の生活実感について考える公開フォーラム「第4回がん先端医療を速やかに患者さんに届けるには がん医療費の実際と改革の可能性」を5月9日、東京都新宿区の早大国際会議場井深大記念ホールで開催する。

 キャンサーネットジャパンのほか、財団法人パブリックヘルスリサーチセンター、特定非営利活動法人日本臨床研究支援ユニット、特定非営利活動法人血液情報広場つばさが共催するフォーラムではまず、がん治療の費用について基調講演が行われる。患者・患者支援の視点から、特定非営利活動法人血液情報広場つばさの橋本明子理事長、CML患者・家族の会「いずみの会」の田村英人代表、日本骨髄腫患者の会の堀之内みどり代表が、病院経営の立場からは、NTT東日本関東病院の小西敏郎副院長が登壇する。また研究者の立場から、東大大学院医学系研究科公共健康医学専攻の福田敬准教授が、オンコロジストの立場では、国立がん研究センター中央病院の島田安博医長が基調講演する。最後に「研究者からの提言」と題して、東北大大学院医学系研究科医療管理学分野の濃沼信夫教授が登壇する。
 さらに「もっと知ってほしい『がんの高額医療』のこと」と題した「パネル&Q&Aセッション」では、東大大学院医学系研究科生物統計学の大橋靖雄教授が司会を務め、橋本、小西、福田、島田、濃沼の各氏がパネリストとして参加する。


【関連記事】
「がん相談ホットライン」日曜も実施へ−日本対がん協会
国会議員と患者関係者でがん対策勉強会
がんリハ料、医学的に「正当」なら手術未実施でも算定可
がん対策提案書を長妻厚労相に提出―対策推進協
患者・医療関係者らが理想とする「がん医療」を考える

<NIE>東京・毎日ホールで新聞活用実践教室(毎日新聞)
G20、出口政策が論点に=加藤元財務官に聞く(時事通信)
公務員2割削減を堅持 民主研究会「公務員庁」新設も浮上(産経新聞)
宮崎で家畜の移動制限=口蹄疫、冷静に対応を−農水省(時事通信)
のりピー夫・高相祐一氏、薬物売買現場撮られた?
posted by エビナ シゲミ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。